脱毛してびっくりしたこと

脱毛してびっくりしたことを話します。
初めて脱毛を体験するときは、痛みがどの程度なのか、本当に痛く無いのかと不安になりました。

ドキドキしながら光脱毛を受けました。
ピカッと光った時には、痛みが全く無く驚きました。
大袈裟な表現でもなんでもなく、本当に痛みは無いんだなと思いました。
そして、何よりも全身脱毛をする際は、こんなぺらぺらの前か後ろか分からないような紙オムツのパンツを履くんだと思いました。

そして、デリケートゾーンを施術される時に恥ずかしい部分が露わになる事への羞恥心がありました。
でもスタッフさんは、全く気にしないで対応してくれるので、恥ずかしくなくなり有難かったです。
全身脱毛は、裸に近い姿ですが暖房が効いてるので寒く無いと思ってました。
冷たいジェルをのせられた時は、心臓が止まるかと思い、驚きました。
キンキンに冷えてるので正直な話、早く脱毛が終わることを祈ってました。

今でもキンキンのジェルをのせられる時は、北極にいるような感覚になり大変辛く、耐え難い思いをしてます。

施術が終わって帰る時は、長居させないようにお見送りをしてくれるシステムがあり、しっかりした脱毛サロンだなとびっくりしました。